大分農業文化公園は農業体験が可能!オートキャンプやカルチャースクールなど様々なイベントを開催中です!

facebook
イベント報告ブログ

2016.09.05

「マスカットベリーA」は黒いブドウです

大分農業文化公園の果樹園で旬を迎えているブドウ「マスカットベリーA」。

このブドウはフルーツとしてそのまま食べるだけでなく、赤ワインの原料にもなる優れたブドウです。

日本のワインの父と呼ばれる川上善兵衛さんが生み出した品種で、糖度は17~18度。

ただ甘いだけのブドウではなく、程よい酸味も感じられて、とても美味しいんですよ。

160905マスカットベリーA

 

「マスカット」と聞いて、皆さんがイメージするのは緑色のブドウですよね。

あれは正式には「マスカットオブアレキサンドリア」といい、ヨーロッパで古くから栽培されている品種だそうです。日本では主に岡山県で栽培されています。

 

「マスカットベリーA」「マスカットオブアレキサンドリア」のほかに、ブドウの名前に「マスカット」とついている品種は他にもあります。緑色のブドウかもしれないし、「マスカットベリーA」のような黒いブドウかも!?

「マスカット」という言葉の由来と合わせて、ぜひ調べてみてくださいね。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter